ヘルペスの予防方法

ヘルペスとは、ヘルペスウィルスに感染すると発症する炎症性皮膚疾患です。口唇にできるものを口唇ヘルペス(こうしんへるぺす)といい、英語ではCold soreと呼ぶ。陰部にできるものは陰部ヘルペス(いんぶへるぺす)や性器ヘルペスと呼ばれています。

主に性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染します。現在、人間に感染するヘルペスウイルスは8種類あると知られています。ヘルペスウイルスは人から人への接触感染によってうつり、非常に感染しやすいです。そして単純ヘルペスウイルスに初めて感染した「初感染」に限らず、同じウイルスに再び感染した場合の「再感染」や、身体に潜んでいたウイルスが再度活発になる「再発」などで症状が現れます。

しかも単純ヘルペスウイルスは感染力がとても強く、直接患部に触らなくても、ウイルスがついたタオルやグラスなどを共有しても感染するそうです。水ぶくれの中には大量のウイルスが増殖して、身体の他の部分にうつってしまうこともあるのです。

ヘルペスは一人の方に異常がでた以上、相手の方も感染している可能性が高いです。 性病の中には男性あるいは女性どちらか一方に自覚症状がでにくいものもありますし、 感染から発症までの期間が人によって違いがありますので、感染していても気がつかないことが多くあります。その中には潜伏期間が長く、ある程度感染から期間を置かないと検査ができないものや再検査が必要なものもあります。性感染症は早期発見、早期治療がポイントです。放っておいても自然と治る可能性はありません。心当たりがある場合には、すぐ病院に検査するほうがいいです。