梅毒についての紹介

古くから性病の代表といわれ、猛威を振るってきた梅毒ですが、トレポネーマ•パリダムという微生物の感染によって起こります。セックスで感染しますが、感染力が強く、最近、また若者の間で感染が広がっています。

妊婦が梅毒に感染していると、胎盤を通じて胎児に感染しますが、妊娠中の検査や管理が進んでいる現在では母子感染は少なくなっています。

感染後、2-4週間で症状が出ますが、症状が出たり消えたりしながら長い期間をかけて進行していきます。進行に応じて、第Ⅰ期ー第Ⅳ期まであります。

第Ⅰ期は潜伏期を過ぎて、性器に大豆ほどの大きさのかたいしこりができます。ふともものリンパ腺がはれできますが、痛みはありません。やがてしこりの表面がただれて潰瘍になります。これを硬性下疳といいます。数週間で自然に消えていきますが、治ったのではなく潜伏しただけです。

第Ⅱ期は、感染から三ヶ月ー三年くらいの時期で、全身のリンパ節がはれて発熱、頭痛、倦怠感などが起き、全身にバラ疹と呼ばれる赤い発疹が出ます。これがきえたあと、数ヶ月間、盛り上がった湿疹やうみをもつ湿疹が出たり消えたりを繰り返します。最後にはそれが陰部や口の中、乳房など、特定の場所だけにあらわられるようになります。

第Ⅲ期は感染から3-10年たった時期ですが、全身にゴム腫と呼ばれるゴム状のしこりができてあとになることもあります。感染から10年以上たった第Ⅳ期には、脳や脊髄がおかされて、手足のしびれ、痴呆症状、大動脈瘤などが現れます。

このように、放置すると重い障害を起こすので、早めに発見し、早く治療することが大事です。ただし、感染から六週間以上たたないと陽性反応が出ないので、その時期を過ぎて検査を受けましょう。

梅毒は早期にペニシリンを中心とした抗性質物で治療すれば完治します。