臀部ヘルペス最も効果的な治療方法

臀部ヘルペスとは、2型の単純ヘルペスです。性器ヘルペスに密接な関係があります。ヘルペスの原因はヘルペスウィルスによる感染です。ウィルスの種類は8種類もあり、感染した型や部位から色々な状態になりますが、単純ヘルペスから水ぼうそう(水痘)、帯状疱疹、その他いろいろあります。単純ヘルペスウィルスには1型と2型の2種類があり、口唇や顔面など上半身に症状が出るもの(口唇ヘルペスを引き起こす1型)と、主に性器や下半身に症状が出るもの(性器ヘルペス・GHを引き起こす2型)とがあります。お尻(臀部)に発症するヘルペスと言えば、まずは性器ヘルペスをイメージして間違いないでしょう。特に、男性の場合は性器ヘルペスの発症しやすい部位として、亀頭(ペニスの先端)、包皮、陰茎体部、お尻などにもよくみられます。

臀部ヘルペスの治療
臀部ヘルペスの治療まず早期治療が大事です。ウィルスが増殖する前に抗ウィルス薬を服用して症状を軽く抑え、後遺症を残さないようにする事が第一です。抗ウィルス薬も症状に関わらず7日間は飲み続けなければいけません。その間に痛みが消えても
医師の指示通り飲み続けましょう!

帯状疱疹を予防するのに最も効果的なのはワクチン接種です。子供の時に水ぼうそうにかかったり予防接種をした人は体内に免疫を持っていますが、時間と共にその効力も衰えてきます。

20年ほど経つと免疫はかなり弱体化し、帯状疱疹を発症しやすくなります。20代で一度。と50代で一度、ワクチンを接種しておくと症状が出たとしても軽くすみます。